イメージ画像

世の中甘いものだらけで困る

お菓子売り場へ行くと、チョコレート関連の売り場の幅が大きい。これだけ甘いものだらけになると、炭水化物の摂取過多になり、ダイエットが必要になる人が増えてくるだろう。私が子供のころはこういう物すべてが無かったわけで、肥満なんて言葉とは無縁だった。小学校の卒業写真をみても、太っていると感じる同級生は写っていない。それを思うと、今の子供たちは大変だ。知らず知らずのうちに肥満児にされてしまうのだから。最近の情報では一旦肥満児になってしまうと元へ戻りにくくなるとの研究もあるようだ。しかし、大元は我々の好みの変化に原因がある。昔はオレンジにチョコレートがかかっている、果物にチョコレートソースなどとんでもないと思っていたが、今では普通に食せるようになってるのが不思議だ。味覚もかわったのであろう。ダイエットもどんどんそれにあわせて変化しているように思う。様々なダイエット本もあるし攻略もある。最近気になったのは酵素ドリンクのクチコミ効果ランキングで見つけた、ベジーデルとかいう酵素ドリンクだ。とても体にいいらしく、食事を抜いてその酵素にしてもいいらしいのだ。芸能人も試しているようなので痩せることは確実だろう。酵素といえば科学的につい考えてしまいがちだがそういうものでもなくなったのだな。つくづく時代の変化を感じてしまう。甘いものもダイエット食品も進化し続けるのだろうな。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ